ご挨拶

  • 院長のプロフィール
  • よくある質問
  • 当院の理念
  • お客様の声
  • Facebook

院長のご挨拶

こんにちは!院長で施術者の岡田敏孝と申します。
私は19歳から空手を始め、空手指導員を経て、現在も選手として活動しています。
今まで様々な試合に出場し、いくつもの怪我を負い、多くの治療や施術を受けました。
その結果、知らず知らずのうちに自分の体を通して施術技能を身に付け、それに伴い他者を施術することの素晴らしさ・楽しさに目覚めました。
そのため医療福祉従事者を志し、作業療法士の資格を取得、今までに2000例以上の治療や施術を実施し、独自の施術を開発しました。
そして独立開業を目指し、ボディセラピストの資格を取り、千葉県市川市で整体院を開院しました。

施術理念

人間が活動する際に身体に現れるのが“姿勢”。 体だけではなく心にも重要なことですが、まず体についての話をします。“姿勢”は“姿”に“勢い”と書きます。つまり“姿”が良くなれば“動作”しいては“生活”に“勢い”があるということです。
“姿”は体に歪みがあると悪くなり、またそれに伴い痛みやコリを引き起こし、ひどくなると動作に支障が出る場合もあります。
これでは生活に勢いがなくなってしまいます。怪我や病気ではこれらはより顕著になります。
よって当院では“姿勢”を良くすることが目標とし、施術により体の歪みを矯正し、バランスをとることで“姿”を正し、その過程で痛みやコリをなくし、“動作・生活”に“勢い”が出るようになっていただきたいと思います。

また精神においての話ですが、人間は“身体”と“精神”の両面があります。前者が弱くなると後者も弱くなり、逆もまたしかりです。
そのため精神的に弱ると姿勢も崩れます。逆に姿勢が良くなると精神的にも安定します。
よって精神的に“勢い”を出すには“姿”を正し、姿勢を良くすることで“身体”と“精神”のバランスをとることも重要です。

院長プロフィール

岡田敏孝
作業療法士・ボディセラピスト・極真空手初段

1971年2月
東京都新宿区生まれ
1990年5月
明星大学入学と同時に極真会館 旧千葉県北支部 市川道場入門。その後、選手として活動を開始。
2001年5月
極真会館 現千葉県北支部 西船橋道場に移籍、間もなく空手指導員となり、交流試合や地方大会で優勝や上位入賞し、体重別(第19~21回)・無差別(第36回)の全日本大会に出場する。2003年3月に初段を取得。
2005年2月
千葉県北支部での空手指導員を退職し、同4月に江戸川医療専門学校作業療法学科に入学。
2009年5月
国家試験に合格し、作業療法士の資格を取得。その後市川市にある病院での精神疾患の患者様へのリハビリや同市の訪問看護ステーションでの訪問リハビリに従事する。
2010年4月
市川道場での先輩である木立裕之四段が葛西道場を開設し、それに携わる。同道場開設と同時に入門し、アドバイザーに就任する。
2014年9月
船橋市のリラクゼーショントレーナー学院にてボディセラピストの資格を取得する。
2015年2月
千葉県市川市にて岡田整体院“勢”を開院する。